今日の阿蘇

高菜の新漬けはこの季節だけ味わえます。

おいしい新漬け
阿蘇高菜の新漬けがおいしい時期です。
今年は2月の記録的な大雪のせいで高菜の収量が落ちましたが、晩生のものは美しいぐらいに細く、それでいてぱりっとみずみずしい、おいしそうな高菜でした。
これは少し前に漬けた高菜の新漬け。
漬けた後に一度桶から出して手もみして、もう一度漬け込みます。
見た目とは裏腹にとても手間がかかっているんですよ。
高菜は収穫するための機械はありません。
もちろん刃物で切って収穫するわけでもありません。
昔から高菜折りといって、一本一本を指でさぐりながら、折れそうな所を見つけてポキッと折り取ります。
そして後で漬けやすいようにそろえて、束にします。
束にしたものをうちでは漬け物桶に塩と唐辛子だけを加えて漬け込みます。
そしておいしくするために手もみして、もう一度別の桶に漬けます。
数日たつとそれはもう香ばしい香りがただよう新漬けができあがりです。
あそ路の高菜の新漬け。
機会があればぜひ一度ご賞味下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です