まじめ

「みをきる」熟練の技術

実をきる作業

JUGEMテーマ:地域/ローカル

写真はみをきる(すいません漢字が分かりません)作業風景。
しその実を収穫したら実の入っていないつぼみや塵などを選別しなければなりません。
その作業がこのみをきる作業です。
しょうけ(竹で編んだかご)の半分開いているやつを器用に振るって塵を飛ばします。
原理は竹かごを上下に手早く振って、軽いものがふわっと空中に浮くので、それを今度は同じかごに戻ってこないように竹かごで風を起こして前へ飛ばします。
口で言うと簡単ですが、とても難しく、誰でもができるというわけではありません。
こんな地道な作業を重ねることで、おいしいしその実ができるんです。
あそ路でしその実を食べる時はこんな作業を思い出して下さいね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です