お薦め

ある寒い日、夜空の月を見たら思い出しました。(JAXAネタ)

ホームページの二月の定休日の更新が出来ていません。
すみません。
さて、昨日から今日にかけての阿蘇は寒かったです。
車のドアは凍りつき、氷点下の気温。
そんな中、私はGISという地図ソフトの会合に来てまして、JAXAの方の衛星の話を聞いてこの話を思い出しました。
セレーネ「月に願いを!」キャンペーン

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、平成19年夏に種子島宇宙センターからH-IIAロケットで月周回衛星「SELENE(セレーネ)」の打上げを予定しています。
 セレーネは、「月がどのように形成され、どのような変遷を経て現在に至っているか」の核心に迫る科学データを取得することを目標にしている衛星で、アポロ計画以来最大の月探査計画です。
 JAXAでは、セレーネに載せて月へ送る「お名前」と「メッセージ」を募集します。皆様の思いのこもったメッセージをお待ちしています。

月を見たら、この話を思い出して、誰かに伝えてください。

スポンサーリンク

ある寒い日、夜空の月を見たら思い出しました。(JAXAネタ)” への1件のフィードバック

  1. ALOS(エイロス)衛星 ペーパークラフト

    ALOS(エイロス) 衛星ペーパークラフトです。ALOS(エイロス)とは、2006年1月に宇宙航空研究開発機構(JAXA)が打ち上げた地球観測衛星「陸域観測技術衛星(Advanced Land Observing Satellite)」です。(日本語名「だいち」)スケールのでかいペーパー…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です