日々是好日

これはSFではない。『全核兵器消滅計画』

お店は今日から夏休みモードです。
ブルーベリーの特製ソースも仕込んでいます。
美味しいブルーベリーアイスをぜひ一度ご賞味下さいね。
写真が出来上がり次第、サイトの方でお知らせいたしますね。
さて今日の話題は新聞から。
気になった本があります。
『全核兵器消滅計画』というセンセーショナルなタイトルに心奪われました。
これはSFではないという見出しで本の紹介がアマゾンに載っています。
経歴だけ見るとなかなかの人のようです。でも肝心の本を読んでいないので、まだ何とも書けませんが読んだら感想をアップします。
以下本文からのコピペです。
これはSFではない。
ニュートリノで核を消す→素粒子物理の権威が考案した究極のプラン
全世界の核2万発を無力化する驚異の計画。立案者は菅原寛孝。素粒子研究の総本山、KEK(高エネルギー加速器研究機構)のトップを10年超も務めた世界屈指の理論物理学者だ。菅原はニュートリノをどう使い、核を消そうというのか。そのカギは、かつて原爆開発のマンハッタン計画で並み居る天才物理学者たちを悩ませた「未熟爆発」という奇怪な現象にある。
なぜ核はなくさねばならないか。
それは核が個人を殺すだけでなく、人類そのものを絶滅させかねないからだ。今、世界には2万発の核兵器が存在する。これらの核の脅威によって、地球上の60数億の人類は常に絶滅の危機にひんしている。<本文より>

スポンサーリンク

これはSFではない。『全核兵器消滅計画』” への1件のフィードバック

  1. 阿蘇市立図書館にリクエストを受け付ける制度があるのですが、一年に2冊まで大丈夫らしく、この本はデータベースに収録されていたので、リクエストが受理されましたので、二週間以内には届くそうです。
    来たら読んでみますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です