日々是好日

ホワイトバンドについて思うこと

ほっとけないキャンペーンについて書きましたが、ちょっと思うことがありましたので今日はそれについて書いてみます。
ホワイトバンドを買うのはキャンペーンに参加する上で、簡単で、手っ取り早いですよね。
でもふと友達と話していてこのバンドの材質は何でしょう?という話題になりました。
私は自然に帰るような環境に優しい分解性のある素材で出来ていたらこれを黙って買うでしょう。
でも素材については余り深く言及されていません。多分伸縮性のある素材で安く出来るものということでこれになったのではないかと思います。
生産国は書いてありますが、どんな工程で製造されているのかまでは分かりません。実は製造過程で公害を撒き散らしていたら、これは大問題です。
お店でバンドを買うのは寄付にも繋がる手っ取り早い参加方法ですが、一生持っていたくなるようなモノかは疑問です。捨てられて無駄な資源の浪費に繋がるかもしれません。
環境のことを考えて買った人は大事に捨てずに取っておくと思いますが、プラスチックやゴムは経年変化で劣化します。一生ものにするには難しいです。
それだったらミサンガみたいなものを白の木綿糸で作るというのはどうでしょう?
白い腕輪だったら何でもいいというのがトラックバック先に書いてありました。
私の知人も使い捨ての生理用品をボイコットするわけではないのですが、環境にも優しく、身体にも安全な天然素材の生理用品のサイトを作って、運営している人がいます。割と評判もいいようです。
いろんなチャリティイベントがあるのは歓迎しますが、より長期的な視野で、環境に付加の少ない計画で行われるイベントが私は好みです。


追加です。
よく読むとシリコンゴムでした。
これの環境への影響は、私はちょっとすぐには分かりません。
ご存知の方がいらっしゃったら教えてください。
製造を担当する工場は運営スタッフが出向いて決めたそうです。
あとホワイトバンドでなくても趣旨に賛同しているというのを行動で示すには以下のように書いてありましたのでコピペします。
以下公式サイトより
***そもそもなぜホワイトバンドを売っているのですか?
ホワイトバンドは、これを身につけて「貧困をなくそう!」という思いを表すシンボルです。「白いバンド」であればよいので、いろんなものがあり得ます。 このウエブサイトでは日本版のオフィシャルホワイトバンドの販売について紹介していますが、「白」であれば、多種多様なバンドがあって構わないと考えています。たとえば白い紐や包帯であってもいいのです。
ただし「ホワイトバンド」として売られているものの中には、営利目的のモノであったり、フェアな貿易を無視して生産された品があるかもしれません。購入する際には、売上の使途には注意を払い、納得のできるものかどうか、ご確認のうえご購入ください。
以上公式サイトより。
私はフェアトレードな仕組みを利用して木綿でミサンガ作ってみたいですね。うちではネットとかでしか売れないけど友達のお店とかで売りたいなあと思いました。
今度阿蘇でフェアトレーディングについてきちんと見識をお持ちで革細工をなさっている方のお店に遊びに行こうと思います。
そのレポートは後日。
そうそう、京都の私の友達の店で使ってるコーヒー豆もフェアトレーディングをサポートするために安い大量生産の豆ではなく、昔からの栽培法で作られ魂のこもった、自家焙煎職人をうならせるこだわりの豆だそうです。
すいません今日は文章が書けません・・・。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です