まじめ

九州も東北も同じ空でつながっています。

2012夏の空
阿蘇も夏の日差しがとてもまぶしい季節です。

お盆休みの間はあそ路も大忙しでした。
チェーン店やファミレスではないで、マニュアル化されたサービスはありません。
お客様には行き届かない点があったかもしれませんが、ご容赦下さい。
ご来店下さった皆様ありがとうございました。

今日の空の写真を撮ろうと思ったのは毎年のように起こる災害について感じたところがあったからです。

ロンドンオリンピック&パラリンピックが開催されましたが、いろんな政治的主張が問題になりました。
でも人は皆同じ空を見て、太陽の光を浴び、月に眠りを誘われ、同じ空気を吸って生きています。
誰にでも平等に、生まれたときから死ぬ瞬間まで、みんなでいろいろなものをシェアして生きてるんですよね。
そう思うと昨年の東日本大震災から復興中の東北も、九州北部水害で現在も見通しの立たない阿蘇も一つなんだなあと感じました。

ある友人は言いました。
「オリンピックの話題にかき消され、東北の事はおろか、阿蘇の被害の詳細が分からなくなって心配していました」と。

そうやって話題がどんどん変わるにつれ、人の意識は変わっていくのが世の常なのかもしれませんが、東北の事も阿蘇の事も忘れてしまわないようにしたいと思います。

青空を見上げたときには、九州から遠く離れた東北でがんばっている人たちの事を思い出します。

JUGEMテーマ:地域/ローカル
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です