日々是好日

京都の楽焼の窯

親戚を尋ねて京都のとある楽焼の工房を訪れました。
まずはお抹茶をいただいた後に、お昼をご馳走になったのですが、おもてなしの心を少し学べた様な気がします。
お茶の世界の難しいことは分かりませんが、季節を感じさせる紫陽花の生菓子にお抹茶の組み合わせは最高でした。
そして私たちのために飾られていた掛け軸も素敵でした。
まだまだ未熟者ですが、いろんな刺激を受けて成長したいなと思ったひとときを過ごしました。
沙羅双樹の花を見たのも初めてかもしれません。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です