なんとなく

初冬の蝶と花

hanatochou
あそ路の駐車場の一角でいきなり蝶を見つけたので思わず撮影しました。
花が咲いてるのも冬を前にしては珍しいでしょうが、これは「つばき」でしょうか?
「つばき」には園芸用を含めると品種は一万種以上もあるそうです。
しかも『つばき』と言う呼び方は「古事記」では『都婆岐』、「日本書記」には『海石榴』の字で『椿』の字は「万葉集」で初めて登場するんですって。ただ、うちにはツバキもサザンカもあるので区別が難しいです。どうやら花びらが散るのがサザンカらしいのですが、これはサザンカかもしれませんね。
この蝶はLycaena phlaeas daimio 「ベニシジミ (シジミチョウ科)」ですね。まだ生きてるのは残暑が厳しかったせいでしょうか?
この蝶に関する面白い名前の由来とかあるので、検索して探してみると面白いですよ。分からなかったらコメントくださればヒントを書きますねw。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です