楽しい

走るスーパー

super
先日書いた「走るスーパー」の証拠写真です。
トラックを改造して冷蔵庫を積載しています。
うちの地域など商店がない集落を回って販売してくれます。
目印は車のボディに「走るスーパー」と書いてあること。
そして極めつけは年配の方に好評の演歌を大音量で流して、到着を知らせてくれることです。
亡き祖母も音楽が聞こえてくると、出かける準備をして、元忠魂碑のあった広場まで歩いていったものです。一緒にいるときは荷物が多いといけないので、よくついていきました。
魚とかも売ってて、バナナなどの果物とか、ヤクルトみたいな飲み物「パッカル?」とか買っていたのを思い出してしまいました。
あとリクエストすると次の巡回の時に仕入れておいてくれたりと、まさに集落には無くてはならない存在です。
走るスーパーの商店主の皆さん、これからも宜しくお願いします。

スポンサーリンク

走るスーパー” への2件のフィードバック

  1. 懐かしい 母の実家に居た時に
    一週間に一度くらい隣の家の庭に来たはったのを
    思い出す 

  2. motoさま、コメントありがとうございます。
    うちの地域では「走るスーパー」は、地元密着型で存続しています。
    あと物干し竿売りは来るけど、最近は石焼き芋屋さんを見かけませんな~。
    里芋とかおいしい季節です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です