マイ・ブーム

近くにいた瞑想する猿「チョロ松」君

あそ路のウェブサイトのリンク先に阿蘇猿回し劇場があります。
ちょうどJRの駅で言うと一駅熊本寄りの場所にその劇場はあります。
私が子供の頃だったでしょうか?
ウォークマンのヘッドフォンを耳につけた猿が、穏やかに目をつぶって音楽に聞きほれているシーンがテレビの画面に移った時。
猿が本物か作り物か分からないほどの人間らしい動きに、ウォークマンという商品の心の中での位置付けがほぼ確定した瞬間でした。
彼は余生をこの阿蘇で過ごしていたそうです。
何回か行ったことがあるので、出会っていたかもしれませんね。
阿蘇は動物が余生を送るのにも素敵な所かもしれません。

スポンサーリンク

近くにいた瞑想する猿「チョロ松」君” への2件のフィードバック

  1. Tadashiさん、コメントありがとうございます。
    チョロ松くんは長生きでしたよね。
    阿蘇は動物が余生を過ごすのにいい場所なのかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です