なんとなく

金平糖の花とは?

konpeitou
今日はあそ路はお休みです。
こんぺいとう(金平糖)の花と呼んでいる花が家の裏手に咲きました。
で調べてみたらタデ科の植物で、ミゾソバと呼ばれるものだと分かりました。
http://had0.big.ous.ac.jp/~hada/plantsdic/angiospermae/dicotyledoneae/choripetalae/polygonaceae/mizosoba/mizosoba.htm
用水路の脇とかでわりと生育するようです。
我が家では蛍の住んでる裏の小川に咲いています。
見た目は本当に凸凹していて、昔食べた「こんぺいとう」そっくりです。
かわいいと思って近寄るととげがあるのでお気をつけ下さい。
刺さってしまいました;;。
きれいな花だと思っていたら、花に見えているのは萼(ガク)みたいで、花弁ではないそうです。
しかもこの花の葉っぱの別名は「うしのひたい」でした。あらら・・・。
何か可憐な見た目とは裏腹な結果でした。

スポンサーリンク

金平糖の花とは?” への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です