日々是好日

BDF(バイオディーゼル燃料)について。

昔ドライブインとしてスタートしました弊社にいらっしゃるお客様の交通手段のほとんどが車かバイクです。
ですので、乗り物の話題が自然と増えますがご容赦下さいね。
さて今日は最近私の周りでは余り耳にしなくなったBDF(天ぷら油などから再生した軽油代替燃料、通称バイオディーゼル燃料)がどうなっているかについて書いてみたいと思います。
http://www.sankei.co.jp/eco/news/2004/07/30-3.html
少々古い記事しか見つけられなかったのですが、やはり精製度合いによって製品のばらつきがあるようです。せっかく環境に優しくても、エンジンをだめにしたら余計に困りますものね。
今阿蘇で動いている九州バイオマスフォーラムの人がかなり忙しくて詳しい質問ができないので、詳細はお待ち下さい。
ただ去年のことですが、阿蘇火の山祭りという阿蘇町の夏のイベントの屋台の一角で、バイオディーゼル燃料を使って発電機を動かし、ライトアップしたとのことを新聞で読みました。バイオマスフォーラムのサイトでイベントの告知は見つけたのですが年度が書いてなかったのです。すみません。
あるところでは食材配達の運搬車をBDFで動かして、同時に廃油を回収して回っているものもあります。(PDFデータでしたの直リンクは避けます。)
あと検索をかけてすごかったのは大麻草からBDFを作りながら旅をした人でした。ヘンプカーで検索すると出てくると思います。
あ、最後になってBDFで菜の花プロジェクトが今開催中の『愛・地球博』で愛・地球賞を受賞したのを発見しました。
ではこの話題はまた後日。

スポンサーリンク

BDF(バイオディーゼル燃料)について。” への5件のフィードバック

  1. DAY304 バイオ燃料への取組みを日欧比較

    日経BPの記事にこんなのがありました。
    トヨタ、英BPとバイオ新燃料を共同研究へ – nikkeibp.jpトヨタ自動車が石油メジャーの英BPと共同研究に取り組むための交渉に入ったことが、日経ビジネスの取材で明らかになった。共同研究の対象は、植物を原料にした代替燃料、

  2. 昨年のブログに関してで申し訳ないのですが・・・。
    BDFについての問題はアルコールによる製法であることが起因しているものです。この世界ではアルコールを廃油に混ぜてグリセリンを抜き燃料として利用する方法がポピュラーですので、燃料にアルコールが混入しています。その度合いで燃料系統のゴムシールやゴムホースが痛んだりして燃料漏れを起こしていると考えられます。また、寒冷地においては零℃以下になりますと燃料の流動性が低下し、燃料フィルターなどに詰まるなどの不具合も出ます。なお、この製法では飽和度の低い植物油等しか燃料化できません。勿論、動物性の脂(ラードなど)や飽和度の高いパーム油などの燃料化は
    困難ですので、廃食油にこのようなものが混入している場合は、燃料品質が安定しないのは当然です。
    したがって、BDFの世界では新しい製法が待たれておりますが、昨年、12/8にNHKニュースで放映された熊本で開発された製法ではアルコールを使用しません。また、現在のところ、氷点下15度程度まで燃料としての利用が可能になっています。2月10日グランメッセで開催される「環境と福祉フェアー」でその実験システムを公開します。ご興味がありでしたらどうぞお越し下さい。

  3. コメントありがとうございました。
    今熊本で準備されているのは知人の会社のものだと思います。この間も遊びに行ってきました(違ってたらすいません)。
    ただBDFを普通の軽油と混ぜると100%燃料として認めてもらえないのですが、そこの会社は100%BDFで車を動かしているので、税制上のハードルのクリアも出来たようです。
    ただ、今私が強く感じることは、石油価格の高騰のせいか、経費削減目的だけにBDFを利用しようとしている企業がたまにいらっしゃいます。
    精製しやすい廃油を集めることを地域ぐるみで行って、それを燃料にして、環境に対する負荷を下げると言う思いでやっておられる方との意識の差が感じられます。
    これをきっかけに環境に対する意識とか変わったら面白いでしょうね~。
    願わくば日本の車業界がBDF対応エンジンの車をどんどん作って、公用車からBDF化するのが私の願いです。
    個人的にはスタイリングは120d好きです。
    http://www.bmw.de/de/produkte/automobiles/1er/limousine/index.html

  4. 偶然にやってきました。
    バイオディーゼル燃料の品質には 松 竹 梅 があると思っていただけると幸いです。
    アルカリ アルコールの除去が不足していたり、洗浄廃液に対する知識不足から世間から誤解を多く受けています。
    黒煙が減る これが大切な効能かと考えています。
    まず溶けない燃料フィルターや 故障しない噴射ポンプ
    をメーカーに作ってもらいたいですね。
    ドイツなんかでは100%でバンバン走っているそうです。
    http://diary.jp.aol.com/j2djkxrf/  この左下から単語検索できますのでBDFのいろんな事を調べて見て下さい。
    良い部分だけでなく公開しています。
    バイオディーゼル燃料の断片知識に迷える日本かと思います。
    http://members.aol.com/pchangsoo/hp/bdf.htm
    新燃料研究所 パク チャンス

  5. パク様、コメントありがとうございます。
    阿蘇にはBDFならぬRDFなるものもありますが、よい事だけ取り上げられるのはなんにせよ危険ですよね。
    個人的に関心の高い問題ですので、上記のサイトはすごく興味深いです。
    ゆっくり読ませていただいて、また勉強したいと思います。
    今は知人の会社の情報が断片的にしか入ってきませんが、もう少し詳しい資料を今度は貸してもらおうと思います。
    ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です